「大工町の梅ナイト ~meets 水戸の梅まつり~」が開催2024年02月22日

「大工町の梅ナイト ~meets 水戸の梅まつり~」

「第128回水戸の梅まつり」の期間中に水戸最大の歓楽街”大工町”にて「大工町の梅ナイト」が開催されます。

「水戸 梅まつり」梅色の提灯が街を照らし、
期間限定の梅メニューやスナックツアーが楽しめる
「大工町の梅ナイト ~meets 水戸の梅まつり~」を初開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000136822.html

特に大工町の第一興商ビルには、スナック、ラウンジが山のようにあります。
15年程前に、第一興商ビルに連れて行かれまして、3店くらいのラウンジをハシゴしました。
全部のお店に行くとなったら1年くらいかかるかと思いますね。

大工町の梅ナイト 特設サイト
https://daikumachi-mito.jp/ume_matsuri2024/

一般社団法人 全日本スナック連盟 -飲んで 歌って 繋がる 夜のリゾート-2023年07月25日

日本に30万店あるともいわれるスナックですが、日本固有の文化である「スナック」文化を、より普及・発展させ、「スナック」の存続と繁栄に寄与することを目的としたのが「一般社団法人 全日本スナック連盟」です。

ですが、コロナの影響で地元の人気スナックが閉店したり、有名なママが引退すとか、少しながらスナックが減りつつももあります。

その一方、最近はニュースナック(ママ、スタッフ、お客さんの年齢層が若い店)も増えてきています。

”昭和を感じさせる年季のはいった外観と看板、怪しい扉ですが、それも踏まえてスナックは癒しのオアシスです。
ママさんに人生相談をしたりさせたり、たまたま居合わせた知らないお客さんとカラオケでデュエット・・・。
良心的な値段で美味い酒と料理が味わえて、楽しい会話と歌を堪能する それが世界でも稀有な「スナック」です。
スナックとスナック文化を愛する人たちを増やし、そして後世に残していきたいと考えています。”(全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎のご挨拶から抜粋)

全日本スナック連盟とは
https://www.snaren.jp/about/

全日本スナック連盟会長玉ちゃんの夜の街応援プロジェクト
https://night.joysound.com/

地ビール「松戸小金ビール」20232023年05月08日

昨年、紹介しました千葉県松戸市小金エリアで収穫した希少な枝豆を使用したクラフトビールですが、今年も新作を購入しました。
元々インターネット販売でしかなかったですが、北小金の”布施屋酒店”でも売ってました。
*布施屋酒店(松戸市殿平賀191) 北小金駅北口から146m

↓ビールの詳細は、昨年のブログも確認願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
地ビール「松戸小金ビール」
(Precious Moments) 2022/4/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━

松戸 小金ビール
https://koganebeer.com/

復活した「マルエフ」が、昭和レトロブームで今年も売れてる2023年04月07日

以前からビールが高いので、発砲酒、第3のビール、イオンのプライベートブランドとか、とにかく安いものしか飲まなかったのですが、最近酒が弱くなり、なおかつビールもそんなに飲めなくなったので、でしたら通常の「定番主力ブランドビール」で飲んでもよいかなと思うようになりました。

そこで、「スーパードライ」、「ラガービール」、「黒ラベル」等々、久々に飲みだしました。やはり、定番はうまいですね。

先日、昭和レトロ風のパッケージの缶ビールを店舗で見ました。
それが、「アサヒ生ビール」<マルエフ>でした。
恥ずかしながら、まったく知りませんでしたが、2021年秋に発売したが、 売れすぎで一時休売したようです。
(その辺の経緯も、いろいろWebで出ているようです)

実は<マルエフ>は、1986年~1993年しかなかったので、以降「幻のアサヒ」でしたが、2018年に限定発売後、2021年パッケージをフルリニューアルして復活したとのことです。
(これもサイトでいろいろな紆余曲折が紹介されているようですので、私としてはこの程度までとしします)

さて肝心の味ですが、アサヒといえばスーパードライですが、まったく違います。
<マルエフ>は、まろやかな味わいと上品な爽快感の癒し系?ビールです。
私としては、サッポロ黒ラベルにも近いかなと思いました。
いずれにしても、<マルエフ>は個人的には好きです。

あとなによりも、パッケージデザインがレトロ風で懐かしい。
現在、昭和レトロブームですので、今の時代にマッチしたデザインコンセプトの勝利かと思いますね。

「アサヒ生ビール」<マルエフ>
https://www.asahibeer.co.jp/asahinamabeer/

日本ネーミング大賞 2022 「生ジョッキ缶」(ルーキー賞)2022年12月05日

--------------------------
【日本ネーミング大賞】
 最優秀賞(大賞)
「ほぼカニ」 カネテツデリカフーズ株式会社
--------------------------
【賞の構成】は以下
・日本ネーミング大賞(最優秀賞)
・優秀賞(1〜5各部門第1位)
・ルーキー賞(ルーキー部門 最優秀賞)
・地域ソウルブランド賞(地域ソウルブランド部門 最優秀賞)
・審査委員特別賞(特設賞)
・レジェンド賞(特設賞)

2022年受賞ネーミング一覧
https://j-naming-award.jp/award2022/

※世界初の「生ジョッキ缶」は、開栓すると きめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる今年の大ヒットでした。

飲食店に行けなくなり、生ビールを飲めなかったのですが、自宅でも簡単に飲めて美味しかったです。
ただし、日本ネーミング大賞ですので、「生ジョッキ缶」のネーミングは、"そのままじゃないか"と思いますので、アサヒビールさんは、もう少しひとひねりして欲しかったですね。
日本ネーミング大賞
https://j-naming-award.jp/

「ドリンク ジャパン」 飲料・酒類業界のための開発・製造展2022年11月07日

飲料・酒類の研究・製造にかかわる製品が一堂に出展する国際商談展
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催展名】第7回 ドリンク ジャパン
【会期】2022/12/7(水)~9(金)
【会場】幕張メッセ
【主催】RX Japan株式会社
【共催】一般社団法人 全国清涼飲料連合会
【特別協力】株式会社ビバリッジ ジャパン社
━━━━━━━━━━━━━━━━━

同時開催展
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催展名】第3回 フードテック ジャパン
【開催展名】第1回 スマートレストラン EXPO
━━━━━━━━━━━━━━━━━

- ドリンク ジャパン - [飲料] [液状食品] 開発・製造 展
https://www.drinkjapan.jp/ja-jp.html

焼酎の「バチ割り」 (再投稿)2022年07月29日

たしか10年程前に西麻布近辺の隠れ家的な熊本料理の割烹居酒屋へ行った事がありました。
そこで、初めて焼酎の「バチ割り」(鉢の中で焼酎を割る)を飲みました。

この「バチ割り」は、九州地方に伝わる焼酎の飲み方で、
氷を敷き詰めた鉢の中にすだち等を入れて豪快に焼酎を注ぎ、
各自杓子ですくって取り分けて楽しむ飲み方です。

夏には清涼感のある見た目もありますので紹介します。
(インスタ映えにもいいかも)



アサヒの焼酎でバチ割り
https://ctlg.asahibeer.co.jp/shop/pages/productsbachiwari.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━
焼酎の「バチ割り」
(Precious Moments) 2021/7/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━

地ビール「松戸小金ビール」2022年04月25日

千葉県松戸市小金エリアで収穫した希少な枝豆を使用したビールで、無濾過、非加熱で生きた酵母がそのまま入っている生ビールです。
明るい黄金色の色味にフルーティーで華やかな香り、ホップの苦みを少し強調し、締まりのある味わいと共に枝豆のほのかな余韻が楽しめます。

枝豆ビール

■色:SRM7
■苦味:IBU25
■アルコール:5.5%
■原材料:麦芽、枝豆、ホップ
■内容量:330ml


○今回購入したのは、松戸市小金エリアで収穫した希少な枝豆「湯あがり娘」を使用したビールです。
一口目が甘さを感じましたが、二口目以降はホップの苦みが効いてきます。美味しく飲みました。
(数量限定で実際に仕込みに使用している枝豆がサービスで付いています!)

松戸 小金ビール
https://koganebeer.com/

日本ネーミング大賞 2021 「鍛高譚」(地域ソウルブランド賞)2021年12月13日

--------------------------
【日本ネーミング大賞】
 最優秀賞
「東京ソラマチ」 東武鉄道株式会社
--------------------------
【賞の構成】は以下です。
・日本ネーミング大賞(最優秀賞)
・優秀賞(1〜5各部門第1位)
・ルーキー賞(ルーキー部門 最優秀賞)
・地域ソウルブランド賞/2021年は北海道エリア
 (地域ソウルブランド部門 最優秀賞)
・審査委員特別賞(特設賞)
・レジェンド賞(特設賞)

2021年受賞ネーミング一覧
https://j-naming-award.jp/award2021/

※私は前から「しそ焼酎 鍛高譚」を良く飲んでいました。
 世間的に定着されつつありますね。
日本ネーミング大賞
https://j-naming-award.jp/

渋沢栄一翁の雅号「青淵」2021年09月27日

「青淵」は、尾高惇忠が渋沢栄一の生家の裏手に水が湧き出る美しい淵があったことにちなんで名付けたと伝えられる。

純米吟醸 青淵郷

■精米歩合:58%
■原料米:美山錦(長野県産)
■アルコール度:15度
■日本酒度:+3
■酸度:1.3
■味の特長:淡麗ですっきり


○深谷が生んだ郷士の偉人渋沢栄一翁の酒。
洋ナシのような香りと透き通った味わいのある酒でした。

滝澤酒造株式会社 | 菊泉の蔵元 埼玉県深谷市
https://kikuizumi.jp/

Precious Moments - にほんブログ村

Schedule

このブログについて

■海舟■

X (旧Twitter)
twitter.com/holidays443

ホームページ
・準備中

<< 2024/02 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

RSS